全国チェーン本家かまどや

本家かまどやを経営したいのですが、初期費用はどのくらい必要ですか?
本家かまどやの経営システムには、本部直営店の経営を手がける「経営委託システム」と、自らがオーナーとしてスタートする「独立オーナーシステム」の2つのシステムがあります。初期費用を抑えることができる「経営委託システム」の場合、加盟保証金100万円、50万円前後の運転資金をご用意いただくことになります。
飲食業界での経験がありませんが、チャレンジできるでしょうか?
飲食業界での経験は問いません。現在活躍中のオーナーの多くも、業界未経験からのスタートです。本部所属のスーパーバイザーによる教育研修制度で、接客・調理・運営・経営のすべてを基礎からしっかり身に付けられますので、意欲があればどなたでもチャレンジしていただけます。
どのくらいの売り上げが見込めますか?
店舗の規模や立地など、諸条件によって異なります。ただし、本家かまどやの店舗は、本部が綿密にリサーチし、優良と認めた場所に立地していますので、オーナーの努力次第で高収益が可能になります。本部からのアドバイスに沿って、基本に忠実に運営することが成功へのカギです。
店舗運営には、どのくらいの人員が必要ですか?
店舗の規模にもよりますが、小型店なら最低2~3人で運営することが可能です。店舗には、必ずオーナーが入店することが条件です。オーナーのほかに、パートおよびアルバイトが必要になります。ご夫婦やご家族で運営されている方も多数いらっしゃいます。
オーナー募集に年齢制限はありますか?
体力面だけを見れば、若い方が有利になりますが、中高年の方も、さまざまな分野でのご経験を活かして活躍されています。ご夫婦で運営される場合には、とくに制限を設けていません。
オープン後も本部からのバックアップはありますか?
広告や販促キャンペーンの実施、新メニューの開発などのほか、スーパーバイザーが巡回し、本部からの最新情報をお届けします。スーパーバイザーは加盟店の良きアドバイザーとして、あらゆる問題解決のサポートを行いますので、何なりとご相談ください。
食材などの仕入れや販促物の配布は、どうなっていますか?
米や冷凍食品などの食材、包装容器などは、本部の指定業者から仕入れていただきます。ポスターやメニューチラシ等の販促物は、スーパーバイザーが巡回時にお届けします。
持ち帰り弁当業界(中食産業)の将来性は、どうでしょうか?
本家かまどやは創業以来、店舗数・総売上高ともに着実に成長を遂げています。お弁当は景気の影響を受けることが少なく、時代に左右されない安定産業ですので安心です。最近では、女性の社会進出や個食化の影響で、中食産業の市場は拡大していますので、今後も成長が見込まれます。


トップへ戻る

Copyright(c)Honkekamadoya All rights reserved.