全国チェーン本家かまどや

トップフランチャイズ加盟希望者募集本家かまどやの魅力[ 業界の可能性 ]

社会情勢やライフスタイルの変化でチャンスを迎えています。

日本が戦後の混乱期を経て、高度経済成長期を迎えてから、急速に拡大を続けてきた外食産業ですが、その市場規模は1998年をピークに縮小の一途をたどっています。一方で、持ち帰り弁当をはじめとする中食産業の市場規模は、年を追う毎に拡大を続けており、今後もいっそうの成長が見込まれる有力な市場として、大いに注目を集めています。
その背景には、女性の社会進出が進んだことに加え、小規模世帯や高齢者の増加といった、社会情勢やライフスタイルの変化があります。また、食に対するニーズの多様化、食の安全性への意識の高まりなども影響しており、中食への期待と成長の可能性はさらに大きくなっていきます。そのような状況にある現在は、本家かまどやと、これからオーナーを目指す皆さんにとって、大きなチャンスであることは間違いありません。

あたたかい持ち帰り弁当へのニーズは高まる一方です。

おいしい食事の条件の一つに、「できたてのあたたかさ」を挙げる人も多いはずです。いつでも、できたてのあたたかさ、美味しさをお届けできる本家かまどやに寄せられるお客様からのニーズは、今後ますます大きくなっていくものと考えられます。
仕事や子育てに忙しいお母さん、夜遅くまでお仕事を頑張る会社員の皆さん、一人暮らしの学生さん、高齢者の方々など、あたたかいお弁当を求めているお客様はたくさんいらっしゃいます。最近では、地域のイベントや会社の会合などの場面でのご利用が増えているほか、配達でのご注文も大きな伸びを見せています。
また、お弁当=ランチタイムというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実際には夕方以降にご利用いただくお客様も増えています。このように、本家かまどやの「あたたかくておいしいお弁当」は、まだまだ大きな可能性を秘めているのです。


トップへ戻る

Copyright(c)Honkekamadoya All rights reserved.