全国チェーン本家かまどや

あたたかくておいしいお弁当を通じて、地域社会に貢献します。

1980年(昭和55年)に創業した本家かまどやは、創業から間もなく、多様化する「食」へのニーズに、いち早くお応えする画期的なサービスとして広く認められ、持ち帰り弁当業界のリーディングカンパニーに躍進しました。時代の流れとともに、社会情勢やお客様のニーズがめまぐるしく変化する現在においても、本家かまどやは「あたたかくておいしいお弁当で、地域社会に貢献する」という創業時からの基本理念を忘れることはありません。
本家かまどやは、これからも企業としての利益の追求だけでなく、地域のお客様への感謝と奉仕の気持ちを大切にします。そして、あたたかくておいしいお弁当をお届けすることにこだわり、その味とサービスで多くの笑顔を生み出し、地域社会に貢献していきます。

本家かまどやのクオリティーを全国にお届けし、喜びを分かち合いたい。

本家かまどやは日本各地に出店し、全国規模のフランチャイズチェーンとして成長を続けています。本家かまどやに対して、全国のたくさんのお客様から寄せられるご期待、ご要望にお応えし、これまで以上にきめ細やかなサービスをお届けすることを目指して、今後も出店をさらに加速させていきます。
これから先、どれだけ店舗が増えても、あたたかさと美味しさ、心のこもったサービスを保ち続け、すべての店舗で「本家かまどやならではのクオリティー」をお届けすることが、私たちに課せられた使命です。その使命を果たすために、業界でも定評のある本部と加盟店様とのパートナーシップをより強固なものとし、両者がともに繁栄し、喜びを分かち合える理想的な関係を築いていきます。


トップへ戻る

Copyright(c)Honkekamadoya All rights reserved.